衣類の虫はヒメカツオブシムシの仕業かも?害虫を退治する方法。

スポンサードリンク

お気に入りの衣類に虫!!

シーズンの入れ替わりに、久しぶりにお気に入りの服を着ようとしたら・・・。
ムムム・・・小さな穴が・・・。
そして、むむむ・・・虫が!!!!
なんてことはありませんか?
衣類を食べてしまう虫には大きく2種類「カツオブシムシ類」と「イガ類」がいます。
どちらも幼虫のころは毛虫のような5ミリ程度の大きさです。


参考:http://www.st-c.co.jp/plus/question/answer/36.html

衣類を食べる虫

身の回りにいる衣類を食べる虫は大きく分けて2種類あり、【カツオブシムシ類】と【イガ類】です。
【カツオブシムシ類】は「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」
【イガ類】は「イガ」と「コイガ」に分類されます。

■【カツオブシムシ類】

「ヒメカツオブシムシ」:外見は黒一色/動物繊維を好んで食べる(ウール・カシミヤ・シルク)
「ヒメマルカツオブシムシ」:外見は模様がある/動物性・植物性繊維の両方を食べる。

■【イガ類】

「イガ」:幼虫は薄黒い斑点がある⇒成虫になるとガになる/動物繊維を好んで食べる(ウール・カシミヤ・シルク)
「コイガ」:幼虫は白っぽい⇒成虫になるとガになる/動物性・植物性繊維の両方を食べる

衣類を食べて穴をあけてしますのはどちらも幼虫で特に衣類に付いた食べ物のしみや皮脂汚れを好んで食べます。たま、湿度のあるクローゼットは虫たちの住み心地のよい環境で衣類の出し入れがないと、虫が卵を産み付けそこで知らない間に増えてしまうのです。

虫は屋外からもやってくる!

虫が家の中にいるだけでなく、外に干した洗濯物に付いて家の中に入って来たり、
時には外出先から人の服に付いて家に入り込むこともあります。
ヒメカツオブシムシはキク科の花が好きでデイジーやマーガレットなどにもついてくる可能性があります。
お花を買われる方は、キク科を購入した際には部屋に入る前にチェックしたいですね。

sponsored link

虫を防ぐ方法は?

では、どうしたら虫を防ぐことが出来るのでしょうか?
自分で出来る簡単な方法を考えてみましょう。

■1:シーズンオフで、しまう前に洗う

虫は、衣類についている食べ物のシミや皮脂の汚れを好んで食べますので、タンスにしまう前にキレイに洗ってからしまいましょう。
セーターやコートなどはクリーニング店に持ち込むなどして皮脂を落としてから保管したいですね。

■2:掃除機で吸い取る

クローゼットの中にはゴミがたまりやすく虫のエサになりそうな環境のままの中に
いくらキレイに洗った衣類を入れてしまっても、折角の苦労が水の泡となります。
クローゼットの中も掃除機などで一旦衣類を出して掃除機をかけ清潔にすると安心して保管できます。
ここで、防虫剤なども一緒に入れておけばより防虫効果がアップします!

■3:天気の良い時に風を通す

虫は、湿度のある環境を好みますので、天気が良い日に衣類を虫干ししたり、引き出しを全部開けてクローゼットの中に空気を流し込むだけでも効果が期待できます。

■4:防虫剤を置く

クローゼットの中に、引き出し用、ハンガータイプとあなたの大切な衣類の保管タイプに合わせて防虫剤を置くと良いですね。1年に1度は交換するなどチョット手をかければお気に入りの衣類を虫たちから守ることが出来ますよ。

■5:熱で駆除する

沢山の衣類をまとめて洗いたいなら、乾燥機付のコインランドリーを利用することをお勧めします。
虫は熱に弱いので水で洗って乾燥機をかければ一度に駆除できるでしょう。
ご自宅でスチームアイロンなどを使って衣類をアイロンがげしてから保管しても良いですね。

まとめ

私たちが生きているように小さな虫たちも生きているので、完全に虫をシャットアウトするのは難しいかもしれません。
けれども、クローゼットをこまめにお掃除などして虫にとって住み心地が悪くエサの少ないキレイな環境をキープすることで大切な衣類を守ることが出来るのです。洋服の整理も兼ねつつクローゼットも整頓できると気持ちいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする