初めてのほくろ除去をしてみた。皮膚科で保険治療。

スポンサードリンク

初めてほくろを除去を体験

私の場合は子供の頃から眉毛の中にほくろがあり、どうせ眉毛で隠れているから構わないと思っていたのですが、この数年ほどでぷっくり盛り上がり最近ではちょっと痒い時があって、無意識でほくろをいじってしまうようになってきました。

「もしや皮膚がん・・・(´-﹏-`;)」などと心配になり思い切って皮膚科を受診することにしました。

皮膚科にて受診

眉にあるほくろが大きくなりかゆみを伴うということをお話すると、皮膚科の先生は笑顔で「この形(4mm)・色から心配なほくろではないかと思いますが、『悪性かどうか?』心配であればほくろを除去して、切除したモノを顕微鏡で調べる病理検査を行っています。」と教えていただき、本日ほくろ除去の治療も出来るということで思い切ってお願いすることにしました。
私が受診した皮膚科では美容皮膚治療も行っていて、今回保険適用であることと、当日の先生の対応が穏やかで安心してお願いできそうだと思い決心ました。

初めてのほくろ除去!

問診が終わってから、「それではほくろ除去の準備をしますのでお待ちください」と言われ診察台の上で横になりスタンバイ。看護師の方が「眉のメイクを落としますね」と片側の眉毛のメイクを落としてくれました。

【ほくろ除去前】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドキドキ・・・・
痛くないかな・・・
傷跡はのこらないかな・・・
心配しながら待っていると・・・
「診察台の上にいると緊張しますよね。」と明るく声をかけて下さって
まずは麻酔からスタート。
チクリ・・・・痛い・・・・。( ° ω ° ; )
やっぱり注射は痛かった。

その後レーザーでほくろ除去開始!
グゥオー・グゥオー・グゥオーと
掃除機で吸い取るような音が耳元から聞こえてきて
それとは別にピッ・ピッ・ピッっという電子音と共にレーザーにてほくろを除去。
ほんの5分程度で終了!
えっ!もう終わり?!一番痛かったのは注射かも?!っという感じ。

【ほくろ除去後(傷絆創膏を貼っています)】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【ほくろ10日目】

sponsored link

(傷みはありません。うっすらかさぶた状態です。絆創膏は毎日張り替えています。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

その後は、先生が小さな入れ物に入ったほくろの一部(さっきまで眉毛についていたほくろ)を指しながら「これを病理検査に出しますね」と見せて下さった。透明な液体の中で、ふわりとほくろの1部が漂っていました。
2週間後には結果が分かるとのこと。

最後に看護師さんから、ほくろを除去した傷口に貼るテープの交換方法を教えていただき、2週間後の再診の頃までは毎日しっかり傷口をテープで保護するように指導を受けました。
頂いた絆創膏は絆創膏が患部からしみ出してくる体液を吸収し、かさぶたを作らずに傷を治してくれるタイプのもので、薬などは塗らずに傷口をおおうように小さくハサミでカットして1日1回張り替えるだけ。
化のう止めの薬(2日分)と痛み止めを処方してもらいました。

ほくろ除去はあっという間

実際にレーザー治療でほくろを除去してもらう時間はわずか5分程度。
クリニックに入ってから、待ち時間を含めて清算まで1時間程度で初めてのほくろ除去が終了しました!
「案ずるより産むが易し」ということわざがありますが、あんなに治療を始める前には色々と心配していましたが、実際にほくろ除去を行ってみると意外と痛みも少なくできて驚き!

費用について

私のほくろは1つでしたが4ミリほどの大きさで盛り上がっており、病理検査に出して検査もしていただくことになったので保険適用となりました。
治療費(病理検査含む)は9,120円に薬代840円【合計9,960円】でした。
この後2週間後に検査結果を伺い、経過診断のために再受診の予定です。

まとめ

身体についているほくろを除去するには痛みや費用が発生するので心配事が多いですよね。
私も今回のクリニックに決める前に、他のクリニックに質問したりネットの口コミを調べたりして自分が納得できる病院を見つけるまで苦労しました。現時点では痛みもなくホットしております。
傷口がふさがるのに2週間、完全に傷が収まるには1年近くかかるそうです。
今後の経過についても後日追記し、皆さんにご報告いたしますね。

スポンサーリンク