東京関東オススメ美術館・博物館をお得に楽しむ「ぐるっとパス」!

お出かけしたいけど、できればお得に楽しめる方法はないかな?
なんて考えていらっしゃる方は少なくないはず!
出来るだけお金をかけずにレジャーを楽しみたいという方へ朗報です♡
東京都内の美術館・博物館・動物園・植物園などをお得に満喫できるパスをご紹介します。
毎年発行されている「ぐるっとパス」。
首都圏に住んでいる人も旅行者も、有効的に使える「ぐるっとパス」は、かなりお得!
「ぐるっとパス」の魅力と活用方法についてご紹介しますね。

スポンサードリンク

「ぐるっとパス」って何?

「ぐるっとパス」は東京都歴史文化財団が発行していて、東京を中心とする95の美術館・博物館等の入場券・割引券が1冊にまとまったお得なチケットブックで、この1冊で動物園や水族館などお得に楽しむことが出来ます。
2003年4月1日に初めて販売が開始され毎年利用できる施設が変わっていき、2016年には79施設、2019年には95施設となり年々充実しています。
更に、都営交通の1日乗車券(2枚)セットや、地下鉄メトロ24時間乗車券(2枚)セットなどのお得なセットもあるので最大限に活用していただきたいと思います!!

どこで買えるの?

★「ぐるっとパス」のみ購入の場合★

【販売価格】:2,200円(大人料金のみ)

各施設指定の展示を半券1枚につき1回ご利用いただけます。
【販売期間】:2019年4月1日(月)~2020年1月31日(金)
【有効期間】:≪注意≫最初に利用した日から2ヶ月間
※最終有効期間は2020年3月31日(火)

「ぐるっとパス2019」は、対象施設の販売窓口で購入し、その場ですぐに使用できます。

その他下記の場所でも購入することができますよ。
・東京観光情報センター (都庁第一本庁舎1階)
・リブロ汐留 シオサイト店
・上野公園案内所
・中部地方インフォメーションプラザin京王新宿 (京王新線・都営新宿線新宿駅)
・浅草文化観光センター(浅草雷門前)
・TIC TOKYO (東京駅日本橋口)
・東京シティアイ(KITTE)
・中央区観光情報センター(京橋エドグラン)
・パルコブックセンター調布店
・VIPラウンジ (東京八重洲、新宿、京都、大阪梅田、なんば、名古屋)
・VIP TOUR (上野マルイ)

★「都営deぐるっとパス2019」セットチケット購入の場合★

【販売価格】2,870円

東京都交通局からは、「東京・ミュージアム ぐるっとパス2019」と都営交通の1日乗車券「都営まるごときっぷ」を
セットにした『都営deぐるっとパス』を発売しています
別々に買うと3,600円のところ、セットで2,870円と730円もお得です。

〇東京・ミュージアム ぐるっとパス2019(1冊2,200円 大人料金のみ)
プラス
〇都営まるごときっぷ(700円×2枚)
都営地下鉄、都バス(多摩地域を含む。)、東京さくらトラム(都電荒川線)、日暮里・舎人ライナーが1日に限り乗り降り自由です。
【注1】深夜バスをご利用になる場合は差額現金210円(IC206円)が必要です。
【注2】他のサービスとの併用はできません。

【販売場所】

・都営地下鉄の主要16駅(五反田、新橋、浅草橋、日比谷、巣鴨、高島平、市ヶ谷、神保町、馬喰横山、本八幡、上野御徒町、門前仲町、大門(大江戸線)、青山一丁目、都庁前、練馬)及び都営地下鉄定期券発売所(19カ所)、日暮里・舎人ライナー定期券発売所(日暮里駅)
・定期券発売所:発売時間 8時から20時まで※定期券発売所によって営業日が異なりますのでご注意下さい。

都営deぐるっとパス2019の公式サイトはこちら

★「メトロ&ぐるっとパス2019」セットチケット購入の場合★

【販売価格】2,870円

東京都メトロからは、「東京・ミュージアム ぐるっとパス2019」とメトロ24時間券「メトロ24時間乗車券」をセットにした『メトロ&ぐるっとパス』を発売しています
別々に買うと3,400円のところ、セットで2,870円と530円もお得です。

〇東京・ミュージアム ぐるっとパス2019(1冊2,200円 大人料金のみ)
プラス
〇メトロ24時間乗車券(600円×2枚)

sponsored link

【販売場所】

・東京メトロ定期券売り場(7:40から20:00)
※中野、西船橋および副都心線渋谷では販売いたしません。
※霞が関の定期券売り場は、土曜、日曜、祝日、振替休日は休業いたします・
・地下鉄博物館(10:00から17:00)
※休館日:毎週月様(祝日・振替休日となる場合、その翌日)、年末年始(12月30日から1月3日)

「メトロ&ぐるっとパス2019」公式サイトはこちら

どうやって使うのかな?

【1】「ぐるっとパス」は対象の95施設で購入できるので、使いたい時にその場でゲットできるます。
【2】最初に使用する窓口で有効期間を押印してもらって、お名前欄に署名すると利用開始となって、その機関から2か月間使用可能です。
【3】展示入り口で、「ぐるっとパス」を提示します。
割引券対象の場合は、券売窓口で差額を支払ってから入場します。
※「ぐるっとパス」は、対象施設の入場券(割引券)を、その施設の係りの方に切り取ってもらって下さいね。
自分で切り取ってしまうと無効となります。また、購入後の払い戻しはできないのでお気をつけ下さい。

使える施設【95施設】はどんなところ? 例えば・・・

★美術館 46施設

◇国立新美術館(例:企画展示割引/一般料金から100円引き)
◇東京国立近代美術館:(例:所蔵作品展入場料/一般:500円→無料)
◇東京都現代美術館:(例:コレクション展入場料/一般:500円→無料)
◇東京都写真美術館(例:展示会入場料/一般:500円→無料)
◇東京オペラシティ アートギャラリー(例:収蔵作品展・企画展入場料/一般:1200円→無料)
◇横浜美術館(例:コレクション展入場/一般:500円→無料)

★博物館 39施設

◇東京都江戸東京博物館(例:常設展観覧料/一般:600円→無料)
◇科学技術館(例:常設展・企画展入場料/一般:720円→無料)
◇文化学園装飾博物館(例:一般:500円→無料)
◇帆船日本丸/横浜みなと博物館(例:一般:600円→無料)

★動物園 3施設

◇恩賜上野動物園(例/一般:600円→無料)
◇井の頭自然文化園(例/一般:400円→無料)
◇多摩動物公園(例/一般:600円→無料)

★水族館 1施設

◇葛西臨海水族園(例/一般:700円→無料)

★植物園・庭園 6施設

◇浜離宮恩賜庭園((例/一般:300円→無料)

東京関東オススメ美術館・美術展をお得に楽しむ「ぐるっとパス」!

有効期間は最初に利用した日から2ヶ月間

販売期間は2019年4月1日(月)~2020年1月31日(金)なのですが
使用有効期間が、最初に利用した日から2か月間になっています。
お子さんがいる方は夏休みや、秋休み、冬休みなどに長めの休みに合わせたり、
ご自分のご予定に合わせて購入時期を検討してくださいね。

まとめ

ぐるっとパスを使って楽しめるところが沢山ありますね。
早速、次のお休みを楽しむために下記URLを印刷して、計画を立ててみてください。
★ぐるっとパスの展示情報【PDF】
お財布にも家族にもやさしいお得なチケットで思いっきりエンジョイ!
これからはお休みが待ち遠しい~~~!(#^.^#)

スポンサーリンク