えごま油、あまに油、痩せる油でダイエット!スプーン1杯でOK!

スポンサードリンク

油の種類と身体に良い油は?

痩せたいな!と思った時に一番最初に食べることを控えようと考えるのが油っこい料理ですよね。

油っこい料理を食べなければ痩せられるかと思っていたら大変!脂質も健康を維持するための大切な栄養素の1つなのです。スプーン1杯で無理なく痩せられるワクワクできる魔法の油を紹介します。

まず、食用油にも色々な種類があり、油には大きく2種類に分ける事ができます。

(1)飽和脂肪酸は常温で「固体」のものが多く、ラードや、バターなど動物性の油に多く含まれる脂肪酸ですが、植物性の油では、常温で固まるココナッツオイルなどにも含まれます。

(2)不飽和脂肪酸は常温では「液体」で、植物油を構成する脂肪酸の大半はこちらに含まれます。
動物性でも、青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は常温で液体であり、不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸には、体内で作れない多価不飽和脂肪酸と、体内で作ることのできる一価不飽和脂肪酸があり、今回おすすめするのが体内では作ることのできない多価不飽和脂肪酸で、特にオメガ3系脂肪酸といわれる・えごま油・まに油・魚油・青魚に含まれる油です。


良い油はダイエットの効果を促進する!

同じ油であっても身体へ及ぼす影響が違ってきます。

オリーブオイルなど体に良い脂質を摂取しているに、ダイエット効果が表れてこないと思っている方は、脂質の中身(バランス)に問題があるかもしれませんよ。

・飽和脂肪酸(バター・ラードなど)

・オメガ9(オリーブオイルなど)

・オメガ6(サラダ油・コーン油・大豆油・マヨネーズなど)

sponsored link

これらは摂取しすぎのないようにしてください。

問題はオメガ3(えごま油・あまに油・魚油など)が、身体で作られない油なので、青魚など食べる習慣のない方にはとても大切な脂質なのに不足しがちということ。

オメガ3の不足で脂質のバランスが悪くなると、摂取した脂質が体内で効率よく燃焼されないのです。

では一体どうしたらい良いのでしょうか?

答えは・・・。

「毎日スプーン大さじ1杯のオメガ3を摂取すること」

オメガ3には体温を上げる働きがあるので、毎日スプーン1杯摂取することで、身体の内部にあるエネルギーを効率よく燃焼させて体重や体脂肪の増加を抑えてくれるのです。

また、オメガ3には血管を広げる力も持っているので、血流も改善され更に、血液中の中性脂肪の値も減少させてくれます。血液の循環がよくなることで皮膚の新陳代謝もよくなり美肌効果も期待できます。

・スプーン1杯の魔法!

魔法のようなオメガ3を摂取するときには注意があります。

この油の弱点は熱に弱いこと!

調理などの加熱はできないので、常温でそのまま摂取してください。油は無味無臭なので、私は毎日ヨーグルトに1杯かけて食べています。サラダのドレッシングや、おかずの上にかけて食べてもいいですね。

・魚を食べよう

オメガ3を摂取するのに一番のおすすめは

青魚を食べること!これが一番効果的です。青魚のイワシやアジならおよそ1匹(100グラム程度)で1日に必要なオメガ3が摂取できるといわれています。サバの缶詰なら70グラムでOK。毎日お魚料理を楽しむことでバランスの良い食生活を心掛けたいですね。

まとめ

オメガ3は毎日継続して摂取したい油です。

体内のエネルギーを燃焼しやすく整えてくれるだけでなく、血液をサラサラにしてくれるのでアトピーやアレルギー改善・美肌の効果も期待できます。血中の血栓の生成や不整脈を予防する魔法のような油です。熱に弱いという弱点を配慮して、お魚をしっかり食べつつ、不足分はオメガ3系脂肪酸:えごま油・亜麻仁(あまに)油・魚油で補いましょう。

スポンサーリンク