網戸の張替えが自分でできる!!安くて簡単!張替え方法をご紹介!

スポンサードリンク

網戸の張替えが自分でも出来る!

網戸の張替えって皆さんどうしてますか?
網戸に穴が開いたり、角からめくれてきて困った!って思ったことはありませんか?
ホームセンターに問い合わせてみたら、1枚張り換えるのに持ち込みで2,000円程の費用が必要で、更に仕上がるまで1週間程度かかると聞きました。電話窓口のお姉さんから、「自分でも簡単に張り替えられますし、費用も1,000円程度で出来ますよ。」と聞いてチャレンジしてみることにしました!

ホームセンターへ行く前の準備編

網戸の張替えを行なう際にまずチェックしたいポイントをご紹介します。

網戸は【枠のサッシ部分】【ネットの網】そしてネットの網を【固定するゴムのチューブ】の3つで作られています。窓枠のサッシには、ネットの網を枠にはめ込むための溝が設置されています。

(1) 交換する網戸の大きさ【 縦×横 :枚数】を確認
(2) 網戸の枠には表と裏があるので取り外す前に印をつけておくと設置する時にスムーズに取り付けられます。(カラーテープをつけると剥がす時もラクチン(^^♪)
(3)交換する網戸のネットを固定している押さえゴムのチューブのサイズ(直径)を確認したいので、ドライバーなど先端のとがったものでゴムを引き出しで、できれば5cmほどカットしてホームセンターへ持参したほうが良いです。

私はこのゴムの存在を知らずにホームセンターへ行ってしまい、自宅に電話して家族に調べてもらいましたが焦りました。( ̄▽ ̄;)

我が家のサイズは4mmでした。
ホームセンターに行くと3.5mmと4.5mmのチューブが販売されていたのですが
こうした時は大きめを選ぶと良いとのことで今回は4.5mmの黒のチューブを選択。


【1】材料準備

(1)網戸のネット(必要サイズを確認)
(2)押さえのゴムチューブ(直径サイズを確認して下さい)
(3)ローラー(ゴムチューブを溝に入れるローラー)
(4)カッター・ハサミまたは網戸専用カッター
ちなみに上記4点で1350円です。

持ち込みで網戸張替え交換を依頼したら2,000円×2枚で4,000円程度なので
自分で出来たらやっぱりお得!!

【2】網戸の枠を洗う(拭く)

ゴムチューブを引っ張り出すと古い網戸が綺麗に外せます。砂ぼこりなどがついて汚れていますので、枠を綺麗に洗い流すと作業もスムーズです。
水で洗えない方は新聞紙などを広げた上で濡れた雑巾などで綺麗に拭いてください。
特に溝の部分は古歯ブラシなどで汚れを取ることをおすすめします。

sponsored link

 

【3】網のネットを張る

(1)サッシの枠の上に網戸用ネットを載せます。
枠の溝から3cm以上はみ出すように置きます。
(動くのを抑えたい方は大きなクリップか洗濯ばさみで止めてもOK)

(2)L字型に3cmほどの長さを角の溝に押し込みます。
ゴムチューブを溝に沿って真っすぐに置き、溝と網目が平行になるようにして、
もう一方の溝のコーナーにゴムを押し込み仮止めをします。

斜めにならないように気を付けて!!


(3)ローラーを使ってゴムチューブを溝に押し込んでいきます。
最初の2辺は溝とネットの網目が平行になるように気をつけながら
押し込んでいきます。たるんだり、曲がってしまったらゴムチューブを
引っ張り上げて直せますよ。

(4)残りの2辺を作業する時には、ネットがたるまないように片方の手でネットを軽く引っ張るようにしながら少しずつゴムチューブを押し込んでいきます。

(5)ゴムチューブの押し込みが終わったら、全体にたるみやよれがないかを確認します。ここでたるみがあれば、ゴムチューブを引っ張り出して再度修正できます。

(6)ゴムチューブをしっかり押し込んでから、余分な網をカッター(専用カッター)で切り取ります。糸が出たところはハサミで切り取って下さい。

網戸の張替え完成!

今回初めて網戸の交換をしましたが、2枚の網戸を作業時間約1時間ほどで完成させることが出来ました!!1人でも綺麗にできちゃった♡

まとめ

網戸が破れたままだと、5月・6月頃、窓を開けたい季節に虫が入ってきて困りますよね。

500円玉程度の大きさの穴であれば、補修用のシートで応急処置も可能ですが、
大きく破れてしまった場合は思い切って張替えにチャレンジしてはいかがでしょうか。

やってみると意外と簡単で、費用もビックリするほど安くて済みました!
仕上げに網戸用の虫よけスプレーを吹きかければ完璧です! (*ˊᗜˋ*)/

是非チャレンジしてみてください。♡

スポンサーリンク