花見団子の由来は? 三色の色の意味や順番には理由がある!

春といえば桜ですね。(*^-^*)
桜の花を見るとなぜかお団子を食べてくなるのはなぜなのかしら?
しかも、イメージするのはお花見団子の三色団子!! 〇〇〇―(#^.^#)

このお花見団子はいつごろから作られるようになったのでしょうか?
お花見団子の由来や意味についてまとめてみました。

スポンサードリンク

お花見団子の由来とは?

「お花見団子」は緑・白・ピンク(赤)の三色の串団子のことで、
春の桜のお花見には「三色団子」ともいわれる和菓子です。

三色の色や並び順に意味があり、串の根元から、緑・白・ピンク(赤)の三色の順に
並べられています。ちなみに京都などの一部の地域では三色に茶色(あずき色)が
加わった四色団子などもあるようです。

三色団子の意味には、いくつかの説があるのです。

説その1:三色で「四季」を表している

・「ピンク」=花で「春」
・「白」=雪で「冬」
・「緑」=新緑の「夏」
・「秋」がないのは、何度食べても「飽き(秋)ない」とか・・・?

日本人は昔からダジャレが好きだったのですね♡
ちなみに京都の4色団子は、秋をあずき色表していたそうです。
四季を1本のお団子で表すなんて風情がありますよね。

説その2:三色で「ひな祭りの春」を表している

・「ピンク」=桃の花
・「白」=白酒
・「緑」=ヨモギ

そういえば春のひな祭りの菱餅も春の色ですね。
3色団子で「春」を表現しているとしてもうなずけます。

説その3:三色で「邪気払い」を表している

・「紅(ピンク)」と「白」=縁起の良い色
・「緑」=ヨモギに邪気払いの意味がある
どれもお目出たい色ですので、運気が上がり縁起が良いとされたようです。

sponsored link

お団子の並び順について

三色の団子は上から「ピンク」→「白」→「「緑」」と並んでいますが
これは花が咲く様子を表していると言われています。

桜の赤いつぼみがついた後に、白い花が咲いて、緑の葉桜となっていく
桜の木のうつり行く姿をイメージしたものともいわれます。

お団子1本に素晴らしい世界観!!和菓子って素敵ですね。

花見で三色団子を食べるようになったきっかけは?

お花見の時に、三色団子を食べるようになったきっかけを作った人物は
当時権力者であった「豊臣秀吉」と言われています。

秀吉が大規模なお花見を催した際に、豪華な食事とお酒はもちろん
珍しい食べ物を揃えさせた中に、お茶菓子として三色団子が振舞われたと言われています。

見た目も華やかで、美味しいお菓子として、当時としては画期的だったことでしょう。
城と桜と美しい大奥の姫様に囲まれたお花見とはきっと華やかであったに違いありませんね。


参考:長浜城と桜

お団子はもともとは上新粉に砂糖を混ぜた「すあま」の白に、
赤しそやくちなし、桜やよもぎで着色して「ピンク」の色を付けています。
「緑」はヨモギを混ぜることで三色それぞれ違う味がするのです。

三色団子を手作りしたい方必見!

お子さんと一緒に手作りの花見団子を作ってみてはいかがでしょうか。
意外と簡単にできちゃいますのでご紹介します。


参考:「ニッポンハム食物アレルギーねっと」

まとめ

三色団子をお花見しながら食べる時に、四季をイメージしたり
桜の花が咲く様をイメージしながら頂くと、更に味わい深いものになりそうですね。

あなたの周りの桜の名所はどこですか?
関東なら新宿御苑や目黒川沿い、上野公園に隅田川の浅草寺などが有名でしょうか。
三色団子を用意して、桜の花を見に出かけてもいいですね。
春っていいな~~~♡(ワクワク (*^-^*)

スポンサーリンク