タクシー「回送」に手を上げたら止まった!「空車」との違いは?

スポンサードリンク

タクシー「回送」に手を上げたら止まった!

ある冬の日、母と一緒に病院へ向かいました。
寒いのと、母が歩ける距離ではないことから交通手段としてタクシーを選択。
行きは「空車」のタクシーが直ぐに目の前に来てくれて無事乗車 ♪(^▽^)/
「ラッキーだったね。」と一安心。


帰りには、目の前に「回送」のタクシーが1台そして
また1台と通り過ぎていきます・・・。
「困った・・・(´;ω;`)ウゥゥ」
表示を気にしない母が手をあげると・・・・
なんと「回送」のタクシーが止まった!!(#^.^#)


車内に入るなり、『「回送」でも止まってくれるんですね!!』
っと思わず質問する私に・・・。
『「回送」でもタイミングによって大丈夫な時があるので
手を上げてもらっていると、今回のようにご乗車いただける時がある
ので
手を上げて下さると良いですよ』との嬉しいお返事でした。♪


さて、タクシーの表示ってどんなのがあるのか調べてみました。
まず、車両の助手席ダッシュボード上に置いてある、
車外へ向けた表示灯は、「スーパーサイン」と呼ばれています。知ってました?
車内側には乗務員証を掲示するスペースとなっています。

この、スーパーサインには様々な表示があります。
「回送」「空車」のほかに、「迎車」「割増」「予約車」「賃走(=実車)」
「支払」「高速」「観光」
といったものがあります。
強盗や、犯罪に巻きこまれた非常時には「助けて」「SOS」といった
表示もできるのです。

「回送」

車庫へ帰る途中、食事や休憩、無線でお客様の所に向かってる途中の表示。

「空車」

「営業中ですよ!」というサインで、現在利用者をのせていない状態。
メータ器の表示が赤色で「空車」となっている時は
「乗れますよ」という意味で、手を上げると止まって乗車させてくれます。
ちなみにスーパーサインが「青色(=賃走・実車)」のタクシーの前で
手を上げても止まらない状態なので
「赤はSTOP」「青はGO」と信号機と同じと覚えると簡単ですね!

sponsored link

「賃走(ちんそう)」=実車

タクシーがお客さんを乗せている状態のこと。
この時メータ器は青色で「賃走」となっています。
お客さんを乗せた後、運転手が実車(じっしゃ)ボタンを押すと料金積算メーターが稼動すると伴に、空車表示が「賃走」(実車)表示に変わり、そして行灯のライトも消えるそうです。
乗ったお客さんには見えないですよね。( ´∀` )

「空車」か「賃走=実車」かの見分け方は、昼間であれば助手席側に取り付けられている、スーパーサイン(メーター)の表示板で確認して、
夜であれば、屋根の上の行灯のライトがついていたら「空車」
消えていたら「賃走=実車」と見分けられます!、
夜はライトのついてる車を探せば良いわけですね。

「迎車(げいしゃ)」と「予約」

お客様の居る場所まで空車で「回送」している状態。
通常の空車と違い、途中でお客様を乗せられないことを明示するため
メーター器を「迎車」「予約」時には「回送」表示にして走っています。
このタクシーに手を上げても車は止まってくれませんよ。
手を上げたのに「乗車拒否された!」なんて怒らないでくださいね♡

「迎車」は、今すぐ来てほしいとタクシーを呼ぶ場合にかかる料金で、
「予約」は時間を決めて呼び出す場合にかかる料金です。呼び出した時点で迎車料金が発生し、時間指定をすると予約料金が加算される仕組みです。
(※細かくはタクシー会社によって違うようですのでお気をつけて。)

「貸切り」

8時間を基本にして乗務員付でタクシーを借りることで、
観光に行く際に、事前に会社と契約してお願いするケースですね。

◆介護タクシー

車いすで出かけたいそんな時、車いすのまま車に乗り込めたらクチンですよね。
通院などでも介助が必要な時に利用したいのが「介護タクシー」です。

また、介助の際には身体に触れる事もあるので女性の介助者だと嬉しいなと
思う方もいらっしゃる方もおられるでしょう。
タクシー会社によっては女性介助の介護タクシーも探すことが出来るようです。
あなたのお住いの地域にご希望のタクシー会社があるといいですね、

検索サイトURL:【参考】全国の介護タクシー
※【参考】全国の介護タクシー

◆お花見タクシー

最近話題になっているのが都内のお花見専用のタクシーです。
高齢の方や、小さなお子様が混雑したお花見の場所へ行くのは大変ですよね。
そんな時利用出来て嬉しいのが「お花見タクシー」です。
お花見の時期に限られているのですが、ワゴン車ですから4人乗車できるので
ご両親や女子会、仲間や家族でのお出かけに良いですね。(^▽^)/

☎お電話でのお問い合わせ:日本交通 03-6265-6360
※【参考】日本交通

まとめ

交通手段は色々ありますが、今いる場所から目的地まで運んでくれるタクシーは
高齢者や小さなお子さん連れのママたちにも心強い味方ですね。
近頃はヘルパーの資格を持っている心優しい運転手さんも増えていて
車いすも利用しやすい介護タクシーなどもあります。
バスや電車も勿論便利ですが、必要に応じて使い分けすることで
生活を便利にしてくれます。車を1台購入して維持管理することを考えたら
タクシーの存在は大きいのではないでしょうか?
みなさんはどんな時にタクシーをつかいますか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする