豆まきの由来・やり方。鬼に豆を投げる理由は?

子供のころから節分の時には鬼のお面を作ったりして、家族で豆まきするのが当たり前って感じでしたが、そもそも節分の時になぜ豆をまくのでしょう?
豆まきの由来や、正しい豆まきの方法、そして鬼に豆を投げる意味について大人になった今、改めて子供たちにも分かりやすくお話できるようにご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

節分の豆まきの由来と豆まきの意味

節分は、「季節を分ける」ことも意味していて、「立春」→「立夏」→「立秋」→「立冬」のそれぞれの前日をさしていました。その中で、立春は旧暦の新年にあたることから、立春のの前日(2月3日または4日)を一年が終わる大みそかにあたるとして最も大切な時期とするようになりました。
その大みそかの年越しの夜(日暮れ)に追儺(ついな)・厄払いを行う習慣が中国から平安時代の初期ごろに伝えられて、節分の行事として今も行われているのです。
歴史を感じますね!!

豆まきの意味は?

旧暦の立春の前日に、年の改まる機会に厄を払う「追儺(ついな)」として主に社寺で行われていたもの、一般に「福は内!鬼は外!」と唱えて災いを払う行事が、人々にも広まったとされています。
鬼の目の事を「魔目(まめ)」として、そこに魔物を滅するための「魔滅(まめ)」で「豆」を投げつけるという豆の言葉の語呂合わせもあるようです。

sponsored link

豆まきの豆について

生の豆を投げた後に豆から芽(目)が出るのは縁起が悪いといわれることから、豆から目が出ないようににするために豆は火で炒った豆を使います。
また、「鬼を射る(炒る)」という語呂合わせからも、炒った豆を使いという説もあるようです。
炒り豆は「福豆」とも言われ縁起が良いものとされています。
節分当日に使うお豆は、豆まきをする夜(日暮れ)まで、神棚にお供えして神様からのパワーを頂いて邪気を払うための準備してください。
豆まきが終わったら、自分の「年の数」+「1粒」にして食べると、体が丈夫になって風邪をひかなくなるという言い伝えもあります。
「来年も健康で暮らせますように」と願いを込めながら食べるとよいですね。子供のころは「もっと食べたい!」なんて思っていましたが、年をか重ねた人にとっては、40粒50粒食べるとなると大変なぐらいです。
そうそう、豆まきした後に薄皮が家中に散らばって、お片付けが大変だったことも思い出します・・・。
最近では節分に殻付きの落花生をまくところもありますが、
時代の流れともいえるかもしれませんね。

まとめ

近頃、節分の豆まきのみならず、行事ごとがスーパーや百貨店のイベントとして売り込みのツールとなっていることに疑問をもたないまま、大切な本来の意味を忘れかけていた気がします

「厄を払って、福を呼び込む」という願いを込めた歴史ある伝統の意味を改めて思い起こして、楽しみながら続けてゆけると良いですね。
もし、子供たちにその意味を伝える機会があるなら、わかりやすくお話してあげたいですね。

簡単な折り紙で作る「箱」の作り方をご紹介しますので
節分用の豆を入れるために、お子さんと一緒に手作りして節分を楽しんでください。

あなたのお家にも「福は~~~内!!」
福がいっぱい舞い込みますように。

簡単な「箱」折り紙での作り方

スポンサーリンク